トップ

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
生産・出荷統計データ
出版物のご案内
可塑剤のMSDS
フタル酸エステルと環境ホルモン問題 Q&A
可塑剤のリスクアセスメント文書集
 
ニュースリリース

平成15年6月

環境省 スピード98環境ホルモンリストに決着 「可塑剤はシロ!」

 環境省は1998年にスピード98を発表、同資料で環境ホルモンの疑いのある化学物質として、可塑剤(9物質)を含む67物質のリストを公表しました。

 環境省では、このリストに示された化学物質のうちこれまで20物質※1について、文献調査及び試験を行なってきましたが、6月12日に開催された検討会※2においてこれまでの評価結果を取りまとめました。

※1調査物質:
トリブチルスズ、トリフェニルスズ、ノニルフェノール、オクチルフェノール、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)、フタル酸ジシクロヘキシル(DCHP)、フタル酸ジエチル(DEP)、アジピン酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHA)、ベンゾフェノン、オクタクロロスチレン、ペンタクロロフェノール、アミトール、ビスフェノールA、ジクロロフェノール、ニトロトルエン、フタル酸ジペンチル、フタル酸ジヘキシル、フタル酸ジプロピル
※2 平成15年度第1回内分泌攪乱化学物質問題検討会
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=4159

 この検討会資料(資料8−2)の試験結果の統括表には、試験結果が簡潔にまとめられています。

・哺乳類を用いた人健康への内分泌撹乱作用に関する試験結果
(1) 内分泌撹乱作用が認められなかったもの 19物質
(2) 追加試験を行なうもの 1物質